2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

SUNTORY愛鳥活動

無料ブログはココログ

« クイナ | トップページ | オジロビタキ »

2012年12月 5日 (水)

茶頭君 ~Nikon 1 V2 ISO感度比較 ~

ISO200Dsc_3585

ISO400Dsc_3697

ISO800Dsc_3601

ISO1600Dsc_3619

以下常用のISO400Dsc_3343

Dsc_3390

Dsc_3443

Dsc_3711_2

Dsc_3747

Dsc_4051Camera:Nikon 1 V2 Lens:Ai AF-S Nikkor 300mm F4D IF-ED

昨年ジョビ子さんの縄張りだった場所が今年はジョウビタキ♂の茶頭君の居場所となったようで頻繁に姿を見せてくれます。この日も曇り空で暗く寒い日でしたが元気な姿を見せてくれました。人懐っこい性格のようでサービス精神旺盛です。
そんな茶頭君をモデルにV2のISO感度毎の比較撮影を行ってみました。(比較写真は約50%程度にトリミングしリサイズしています)
ISO200の解像感、緻密さや立体感など良い感じだと思います。ISO1600でもまずまずの写りですね。さすがに解像感は落ちますが。通常ISO200で撮影したいところですがブレやSSなどバランスを考えると400~800が常用でしょうか。

« クイナ | トップページ | オジロビタキ »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ぶれるよりも、ざらつく方がマシという気もしますが、ISO 400までかな
(背景によっては、800でもいいのかも)

V1 デジスコでは、200を上限にしたかな?

 

R.Ptarmiganさん、ありがとうございます。

確かに800位からざらつきが目立ってきますね。
この時は曇天で暗い条件だったので暗い条件の際は
800もありかな?って感じです。
それにしても200はさすがに良い感じなので明るい条件の際は
積極的に使ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220269/56259112

この記事へのトラックバック一覧です: 茶頭君 ~Nikon 1 V2 ISO感度比較 ~:

« クイナ | トップページ | オジロビタキ »

FotoPus My Gallery

OLYMPUS

カテゴリー

最近のトラックバック